摩鎖鼓


design240sng

晁真:まさこですか?
無空魂:はい
晁真:こするくさりのつづみですか?
無空魂:摩り合うくさりが作るつづみです
晁真:なんですかそれ
無空魂:気の流れです
晁真:気の流れ?
無空魂:摩り合う鎖とはこの世界に流れる気です
   :つづみとはその気が作り出す形です
晁真:このデザイン、何かが杖か何かを
   :立てているようにも見えます
無空魂:おまえにはそう見えましたか
晁真:少しかっこいいポーズにも見えます
無空魂:おまえの形作る気の形なのかもしれないですね

 

釜杭


design239sng

晁真:かまくいですか?
無空魂:はい
晁真:釜に打つ杭ですか?
無空魂:釜に打つための杭ですね
   :釜とは食べ物を炊くためのものです
   :そこに打つための杭とは
   :箸です
   :釜の飯と食べるための箸を
   :釜杭といいます
晁真:なんか無理やりな感じがします
   :風呂釜は食べ物を炊くものじゃないですよね
無空魂:風呂釜も元は食べ物を炊くためのものだったのですよ
   :そこに入ったらいい加減だったので
   :浸かる習慣がついていったのでしょうね
晁真:箸はなんだかなって思います
無空魂:杭とは地面に立てて目安にするものです
   :箸とは飯をたべるときの人の口に運ぶための
   :ちょうどいいサイズに改良されて形のものです
   :口に運ぶ目安です
   :釜に立てて口に運ぶ目安を測るものが箸です
   :釜杭です

 

隠す


design238sng

晁真:かくすですか?
無空魂:はい
晁真:何を隠すのですか?
Me2:気です
晁真:気ですか?
無空魂:そうですね
   :おまえはおまえの気を隠しています
   :気づいていないかもしれませんが
   :おまえは自分の気をあまり放たないでいます
晁真:え?
無空魂:おまえが気を放つようになると
   :周りが大きく動き出します
   :今の気の出し方なら周りは少しずつ動けるのかも
   :しれないですね
晁真:今のままで進んでいくということですか?
無空魂:おまえが気をあまり放ちすぎると
   :世界が混乱しそうな気配になってきました
   :徐々におまえの力を出していけば大丈夫です
   :このまま進んでいきましょうか

 

身木十枝


design237sng

晁真:みきとえですか?
無空魂:はい
晁真:和船の舵の軸木ですか?
無空魂:大切な木ですね
:そこから十本の枝が出ています
:おまえはどう感じますか?
晁真:船の舵の軸木から十本の枝ですか
:船を動かすものかな
無空魂:動かすものとはなんですか?
晁真:船の形とか燃料だったり人だったりかな
無空魂:十本の枝とは、色、しきです
:船を動かす色です
:主要な部分から出た色が船の動きとなります
:また見させてもらいます

きのか


design236sng

晁真:木の香ですか?
無空魂:はい
晁真:材木のかおりですか?
無空魂:そうですね
   :材木がおかれているところに
   :かおるものですかね
晁真:なんか木のいいにおいがしそうです
無空魂:そう感じましたか
   :おまえの感覚は素直ですね
   :材木とは物を組み立てる土台にも
   :その骨にもなります
   :おまえには土台にも骨にもなれる
   :力がどうやら備わりつつあるようです
   :また見させてもらいます

 


design235sng

晁真:みきですか?
無空魂:はい
晁真:胴の部分ですか?
無空魂:そうですね
   :胴、手足ですかね
晁真:あなたの絵ってどんな価値があるのですか?
無空魂:価値はいく通りもあります
   :おまえに伝えてあるとおり
   :いま描いているものはパーツです
   :描き続けるごとにその価値は増していきます
   :一つの形にするということは時間が掛かるものです
   :胴、手足となるものの形成ですかね
   :おまえにはこの絵はどう写りますか?
晁真:わけの分からないぐにゅぐにゅに見えます
無空魂:幹とはそのようなものかもしれませんね
   :また見させてもらいます

 

囲い


design234sng

晁真:かこいですか?
無空魂:はい
晁真:周囲を取り巻くことですか?
無空魂:そうですね
   :おまえの周囲の取り巻きに気づいていますか?
晁真:いえ、まったくしらないです
無空魂:世の中はどう変ろうとしているのでしょうね
晁真:まったくしらないです
無空魂:おまえにはこの絵はどう写りますか?
晁真:なんかかっこいいポーズをとっているようにみます
   :わかめのかっこいいポーズって感じです
無空魂:囲いをかっこいいポーズと感じましたか
   :それもまた一つの見方なのかもしれませんね
   :また見させてもらいます

 

摩鼓


design233sng

晁真:まこですか?
無空魂:はい
晁真:みがきふるいたたせるですか?
無空魂:そうですね
   :みがくものはたくさんあるはずです
   :おまえがふるいたたせるものはいったい
   :なんなのでしょうかね
   :おまえにはこの絵はどう写りますか?
晁真:なんか化け物が横向きで口を開いているように見えます
無空魂:化け物ですか
   :ふるいたたせるものは
   :得体の知れないものですね
   :口を開くことにみがかれるものを見出すのでしょうね
   :また見させてもらいます

 

古依


design232sng

晁真:こいですか?
無空魂:はい
晁真:ふるいよりどころですか?
無空魂:そうですね
   :古くからあるよりどころとしているもの
   :ですかね
   :おまえにはこの絵はどう写りますか?
晁真:人が弓を射ろうとしているようにも見えます
   :人なのかな
   :得体の知れないものかな
無空魂:弓は古くからありますね
   :見方としてはいいです
   :おまえの感性みさせてもらいます
   :弓とはなんですか?
晁真:狩りをする道具ですか?
無空魂:狩りとは人間に必要なものですか?
晁真:今の人間にはあまり必要ないかもしれないけど
   :昔は必要だったのじゃないかな
無空魂:古くからよりどころとしているものですね
   :また見させてもらいます

 

火の巣馬


design231sng

晁真:ひのすまですか?
無空魂:はい
晁真:馬に見えないです
無空魂:見ようと思わず感じることが大切です
   :示された文字から何を汲み取るか
   :そのものの感性が問われます
   :この文字からおまえはこの絵をどうみますか?
晁真:腰に手を当てた馬かな
無空魂:おまえの感性、まだ磨く必要があります
   :これからおまえの感性を見ていきます
晁真:わたしの思ったとおりに感想を言うだけです
無空魂:それでいいです
   :おまえがどう変っていくか
   :その答えで見えてきます

 

くつこに


design230sng

晁真:くつこにってなんですか?
無空魂:鳥に群がる火です
晁真:鳥に群がる火ってなんですか?
無空魂:明日を見る空です
晁真:明日を見る空ってなんですか?
無空魂:今日ここにいるということです
晁真:鳥に群がる火
   :明日を見る空
   :今日ここにいる
   :とは?
無空魂:いきもののさがです
晁真:いきものの生まれつきの性質ですか?
無空魂:そうですね
   :工津弧似
   :工夫と次々とわき出てうるおす
   :弓のように曲がった形の
   :似ているが本物ではないもの
晁真:いきものの生まれつきの性質ですか
無空魂:はい

 

奇策


design229sng

晁真:奇策なんですか?
無空魂:そうですね
   :奇をてらった作りをしています
   :簡単なものですけど
   :そんな感じでしょうか
晁真:なんかあまりのっていない感じですね
無空魂:どんな方法で導くのか
   :それが本当に良いのか
   :そのことが少しよぎりました