絵の価値を分かる人



晁真:花の絵ですね、あなたの絵、久々に見ました
:何か一言お願いします
無空魂:楽しかったですねぇ
:私は私の感覚で描いていくのがとても好きです
:見たままではないですがこれが私の絵です
:おまえもおまえの絵を私に見せてくれませんか?
晁真:わたしの絵ですか;
:時間掛かるし、あなたのようなセンスはないですよ
無空魂:この絵のセンスもぜんぜん大したことないですよ
:私のセンスですからね
:でも、この絵を見て良いと思う人が一人でもいれば
:それはこの絵の価値を分かる人ですね
:おまえのセンスは私の絵より上をいっていると思いますよ
:時間を掛けてもいいのです
:コツコツと仕上げていく鍛錬をしてみませんか?
:私はおまえの絵が見てみたいです
晁真:一週間掛けてもいいのですか?
無空魂:もちろんいいですよ
:あとは慣れですね
:慣れてくれば描くスピードも速くなってきます
:色使いなどは私が手伝います
:今度はおまえのセンスで描いた絵を見せてください
晁真:わかりました
:コツコツとやってみるかな
:では、またよろしくです
無空魂:はい

 

上を向いていきましょう



晁真  :また木ですね、ちょっと時間が掛かりましたね
     :一言お願いします
無空魂 :楽しかったですねぇ
     :おまえの感覚と私の感覚が入り混じったところが
     :なかなか面白かったですよ
     :少し長い時間が掛かりましたが
     :私としては好きな絵になりましたね
晁真  :おお
     :前回までは大したことないって言ってましたが
     :出来はどうですか?
無空魂 :大したことないですよ
     :ただ、おまえの感覚も入っていますからね
     :少しだけ言っておきますと
     :私の感覚をうまく使っておまえの感覚をいれていけば
     :そのうち良い絵が描けるようになりますよ
晁真  :おお、て、この絵はまた大したことないのですね;
無空魂 :そうですね
     :大したことないです
     :見る人によりけりですね
     :上を向いていきましょうかね
晁真  :わかりました
     :では、またよろしくです
無空魂 :はい

 

広がり



晁真  :木ですね、わたしは何かすごいなぁと思いましたが、
     :一言お願いします
無空魂 :楽しかったですねぇ
     :ちょっと集中した時間が長かったですが
     :気持ち良く描けましたね
晁真  :なるほど
     :出来はどうですか?
無空魂 :大したことはないですよ
     :私のセンスですからね
     :気持ちを広げて見ました
     :元になった写真も広がりのある木でしたが
     :私の感覚で描いてみました
     :広がりですね
晁真  :広がりですか
     :もっと色々な絵が見てみたいですね
無空魂 :私はいつでもいいですよ
     :おまえが好きなときに私に描かせてくれれば
     :それでいいですよ
晁真  :なんかもっと見てみたい感じがします
無空魂 :物語のほうのプロットも忘れないようにね
晁真  :絵が連続していますからね;
     :明日、考えてみます
     :では、またよろしくです
無空魂 :はい