<この世界で歩みを進める、1つの生涯のお話>
この世界は続きます。私の役目もまだ沢山残っているみたいです。
今は、真面目に仕事をしていて、何気なく日々を過ごしている、
どこにでもいる、ごくありふれた人間のようで人間でない、
自分ともう1人の自分が送る心の世界。


ようこそ!「自分に問いかけてみたらNEXT」 わたしの心の世界へ

わたし(真)ともう一人の自分(ムウ)がお送りする問いかけによる 心模様を書き連ねるブログです。

ブログランキング参加しています。 もしも内容に共感して頂けたら押していただけるとありがたいです↓

人気ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界ランキング
わたしともう一人の自分が送る心の世界ですが、
お時間があればゆっくりしていって下さい。

201312_2spi
2013年12月のAsasaneの絵!

なぜ物には味があるの?

今日も自分に問いかけてみました。
今日は味について問いかけてみました。
Me :なぜ物には味があるの?
Me2:味覚があるからです
Me :では、味覚はなぜあるの?
Me2:物を認識するためです
Me :物を認識する?
Me2:りんごをりんごと感じるためです
Me :なぜ感じなければならないの?
Me2:脳を発達させるためです
   :人間には五感がありますね
   :これらは全て脳を発達させる役割をになっています
Me :じゃあ、目が見えない人や耳が聞こえない人は
   :脳の発達が鈍くなるの?
Me2:いいえ、目が見えない人、耳が聞こえない人は、
   :触覚がより発達します
   :見えない聞こえない分、手足の感覚が鋭くなります
   :話を味覚に戻しますが、
   :味覚は、感情ともつながります
   :美味しい、まずい、からい、しょっぱい、あまいなど、
   :物の味を感じるとき、感情も伴います
   :全く味を感じない物もありますが、
   :色々な物を味わうことによって感情も豊かになります
Me :じゃあ、味わえない人は感情が豊かになれませんね
Me2:そうですね
   :味覚は脳の中の感情を最も発達させる感覚です
   :物を認識し、感情を豊かにします
   :視覚だけ触覚だけでは、本当に物を認識したとは
   :言えません
Me :野菜や穀物を使った肉に見える料理もありますね
Me2:はい
Me :触覚は、歯ごたえとか分かるし、物の形が感覚で
   :分かり、脳を刺激すると聞きますが、やはり感情を
   :豊かにするのは味覚なのですね
Me2:はい
Me :でも、食べられない消しゴムとかボールペンとかは、
   :味覚で感じると、ちょっと危ないですよね
Me2:はい、これも味覚が関係しているのですが、食べられ
   :ないものを食べられないと認識するのは味覚なのです
Me :でも、コンクリートで出来た建物を味見しようとは
   :しませんよね
Me2:それは、他の五感で得た情報を総合的に脳が解釈して
   :決めます
Me :そういえば、嗅覚は?
Me2:嗅覚は、人間はそれほどよくはありませんが、
   :物を認識することはできます
   :味覚と嗅覚は似たところがありますが、
   :やはり、人間は、嗅覚より味覚の方が優れています
Me :なぜ物には味があるの?という問いには、やはり
Me2:はい、味覚があるからです
と、まぁ、今日も自分に問いかけてみました。

人間にはなぜ感情があるの?

今日も自分に問いかけてみました。
人間の感情について問いかけてみました。
Me :人間にはなぜ感情があるの?
Me2:創造主が与えたからです
Me :へぇー、なぜ与えたの?
Me2:創造主自信に感情があったからです
   :しかし、創造主は普段は感情を表には出しません
   :おまえは創造主の感情が表に出ているときが
   :わかりますね
Me :はい、あなたに教えてもらいましたから
Me2:それはどんなときですか
Me :えっと・・・
   :笑うとき
Me2:いいえ
Me :怒るとき
Me2:はい
   :それから
Me :泣くとき
Me2:はい
   :それから
Me :ため息をつくとき
Me2:いいえ
Me :感動したとき
Me2:いいえ
Me :あといくつ?
Me2:ひとつです
Me :えっと、嬉しいとき
Me2:はい、そうです
   :感情が大きく動くときは、
   :嬉しいとき、怒るとき、泣くとき
   :この3つです
   :この3つの間に色々な感情があります
   :この3つを人間に与えました
   :他の動物も基本的に同じ感情を持っています
Me: で、なぜですか?
Me2:創造主と同じ気持ちを共有させるためです
Me: へぇー、そうなんですか
と、まぁ、今日も自分に問いかけてみました。

ゲームはなぜあるの?

今日も自分に問いかけてみました。
今日はゲームについて問いかけてみました。
Me :ゲームはなぜあるの?
Me2:ゲームとは遊びのゲームですか?
Me :そうです
   :気分転換のためですか?
Me2:いいえ
Me :何かを学ぶため?
Me2:いいえ
Me :また気に関係するの?
Me2:いいえ
Me :想像力を豊にするため?
Me2:いいえ
Me :集団生活に溶け込むため?
Me2:いいえ
Me :自分を見つめるため?
Me2:いいえ
Me :動物の本能のため?
Me2:いいえ
Me :考える人がいるから?
Me2:いいえ
Me :あるの?
Me2:はい
Me :夢を見ることに関係している?
Me2:いいえ
Me :コミュニケーションを図るためでしょ?
Me2:いいえ
Me :知恵の結集?
Me2:いいえ
Me :簡単なこと?
Me2:はい
Me :無から有を生み出すため?
Me2:いいえ
Me :好奇心があるから?
Me2:いいえ
Me :なまけるため?
Me2:いいえ
Me :教えて;
Me2:はい
Me :じゃあ、なんのためにゲームはあるのですか?
Me2:小さい頃にしたゲームを思い出して下さい。
Me :ビー玉遊びとか、缶蹴りとか、鬼ごっことか、
   :警泥とか、トランプとか、カルタとか、
   :テレビゲームとか色々ありますけど
Me2:その中で一番印象に残っているゲームは何ですか?
Me :んー、一番印象に残っているゲームですか?
Me2:はい
Me :サッカーかな。試合のゲームじゃなくて、
   :遊びのゲームです。でも中学生だったかな
Me2:夢中になれるものですね
Me :そうですね
Me2:ゲームがなぜあるのか
   :物事を忘れるためです
   :ゲームをしているときは、他のことは忘れられる
   :現実逃避です
   :現実にないものを求めるためにゲームはあります
Me: なるほど。奥が深そうですね
Me2:はい
と、まぁ、今日も自分に問いかけてみました。

天気はどうして変わるの?

今日も自分に問いかけてみました。
天気について問いかけてみました。
なぜ天気かって?思いつきです。
もう1人の自分は、私の問いに対して、
今知らないでいいこと以外、ほとんど
答えてくれるから、思いつきでも構わないのです。
ネタ切れなしってやつです。
Me :天気はどうして変わるの?
Me2:そうですねぇ。化学的な観点から
   :答えても、専門用語など、おまえが
   :辞書を何度も引かなくてはならないので
   :精神的な観点から答えます
Me :ええ、そうしてもらえるとありがたいです
Me2:大地に平穏と乱れを、程よく起すためです
Me :どういうこと?
Me2:人の心と天気とは、非情によく似ています
   :というより、人の心=天気と言ってもいいかも
   :しれません
Me :そういえば、前回の「魂は脳?心臓?
   :どこに宿る?」(以後、前回)で、魂は気で、
   :人間界には気がながれていると言っていましたね
Me2:はい、そうです
   :雨男・女とか晴れ男・女とか呼ばれる人が
   :いますね
   :的外れという分けではないんです
   :雨の気質と晴れの気質を持った人間はいます
Me :へぇー、迷信かと思っていました
Me2:どういうことかといいますと、陰と陽の関係です
   :どちらが悪いという訳ではなく、互いに良い関係に
   :あります。互いに足らないところを補い合っている
   :ということです
   :雨は大地を潤します。晴れは生命を育みます
   :どちらもなくてはならないものです
Me :相乗効果ってやつですか
Me2;はい
   :しかし、人間の時間の中で、あらゆることを
   :起すには、いつも釣り合っていては、いつも
   :平穏なままです
   :乱れをほどよく起すには、どちらかの割合を多く
   :することが必要です
Me :えっ、ちょっと待って下さい。なんかおかしくないですか?
   :なんで乱れを起す必要があるのですか?
Me2:それは、言いましたが、あらゆることを起すためです
   :前回、創造主は、人間を競わせるようにしたと
   :言いましたが、ただ人間を競わせるだけではなく、
   :いろいろな条件を作り、色々なパターンを作って
   :あげる必要があります
   :それらは、人間に新たな知恵を与えます
Me :へぇー、考えがあってのことなんだ
Me2:はい。そして人間は前に進んでいくのです
   :天気が変わるのは、人間が進歩するためです
と、まぁ、今日も自分に問いかけてみました。

魂は脳?心臓?どこに宿る?

今日も自分に問いかけてみました。
今日は魂について問いかけてみました。
Me :魂は心臓に宿るの?
Me2:いいえ
Me :それでは、脳に宿るの?
Me2:いいえ
Me :じゃあ、どこに宿るの?
Me2:人間の住んでいる世界を人間界とします
   :魂はそこに宿ります
Me :えっ、人間の体に宿るのではないの?
Me2:はい
Me :どういうこと?
Me2:人間として人間界で生きていくには、体が必要です
   :器として体が存在します
   :魂は本来、人間の体にはありません
   :私もそうですが、体を持たないのに
   :存在できる世界というのもあります
   :おまえには、話しましたが
   :別の時間に私は住んでいます
Me :はい、聞きました
Me2:しかし、その世界は体を必要としません
   :本来、魂は体を必要としませんが
   :人間を創った方、私の世界の最高位に
   :おられる、おまえも私から聞いていて
   :知っていると思いますが…
Me :はい、聞いています。詳しくは知りませんが・・・
Me2:今はその方の話はしませんけれども、創造主とします
   :人間を創造するとき、ある試みをしました
   :命というものを与えようと
Me :命ですか?
Me2:人間は、命を持っている間にどれだけの
   :ことが出来るか
   :競わせたのです
Me :だから戦争が起こるの?
Me2:はい
Me :じゃあ、創造主は戦争を歓迎しているの?
Me2:いいえ
   :人間は学びます
   :一生というものについて考えます
Me :どういうこと
Me2:先へ進むということです
   :同じ過ちを繰り返さないように努力します
Me :じゃあ、戦争はなくなるの?
Me2:いいえ。残念ながら、創造主は
   :世界から戦争を無くす気はありません
Me :えっ、この前は無くなるっていってたでしょ
Me2:はい
   :それは、私の希望です
   :私の上に創造主はいます
   :私の考えは、戦争をなくそうとする人間たちの考えです
   :創造主は競わせる心を人間に与えました
   :創造主が人間を作ったとき、他の生物を人間に
   :真似て創ったのは私たちです
   :だから、他の動物たちも争いをします
   :しかし、他の動物たちは、人間のような行いをしません
Me :そういえば、自然を破壊したり、あらゆるものを
   :食料としたりとかしないね
Me2:そうです。それが、私たちが創ったものと
   :創造主が創ったものとの違いです
   :本題に戻ります
Me :あっ、魂の話しね
Me2:魂は、人間界の中に流れている気の中に存在しています
Me :気ですか?
Me2:人間は、絶えず気に影響されます
   :だから、色々な占いがありますね
Me :ああ、占星術とか、人相占いとか手相占いとか
   :よくは知りませんがありますね
Me2:中国の風水が最も人間界を理解しています
   :気は人間界のあらゆるものから発せられます
   :人間界にいるあらゆるものが気を発することが出来ます
   :その中で、一番、気を発することができるのが人間です
   :ですから、言葉も気に似ていますね。実際、言葉も気の
   :一つなのですが、今回はこのくらいにして
   :魂の話しをします
Me :あっ、なんか言いたいことが分かったような・・・
Me2:そうです。魂は気のかたまりなのです
   :人間が死んで体が滅びると、魂は人間界に開放されます
   :そして、あらゆる生命の気となり生まれ変わります
Me :転生のこと?
Me2:はい。そのまま次の人間にまるまる死者の気(魂)が
   :受け継がれることもあります。また、他の生物の気となる
   :こともあります
   :輪廻です
Me :ちょっと待って、輪廻を辞書で調べます
   :生ある者が迷妄に満ちた生死を絶え間なく繰り返すことですね
Me2:今回はこの辺にしておきましょうか
Me :はい、十分わかりました
   :えっと、魂=気のかたまりが、人間の体に宿っている?
   :だから、えっと・・・
   :人間の体を仮の器として魂は宿っているということ
Me2:はい
と、まぁ、今日も自分に問いかけてみました。

真実とは1つ?

今日も自分に問いかけてみました。
真実について問いかけてみました。
Me :真実とは1つ?
Me2:いいえ
Me :真実とは1つじゃないの?
Me2:はい
   :真実とは己に1つ
   :己とは、人間だけでも
   :人間の数だけある
Me :では、真実とは何?
Me2:待てない人間だったな、おまえは
Me :はっ?
Me2:いや、色々問いかけてみなさい
Me :では、人生のゴール?
Me2:いいえ
Me :意識の集まる場所?
Me2:いいえ
Me :さとり?
Me2:いいえ
Me :物事が消えて生まれるところ?
Me2:いいえ
Me :求めているもの?
Me2:いいえ
Me :うその反対?
Me2:いいえ
Me :あるの?
Me2:はい
Me :この世の果て?
Me2:いいえ
Me :万物不動のもの?
Me2:いいえ
Me :答えは簡単?
Me2:はい
Me :夢?
Me2:いいえ
Me :この世に出てこの世で生まれ変わるもの?
Me2:いいえ
Me :そろそろ教えて;
Me2:はい
   :きちんと考えてみなさい
   :人それぞれの心の奥に眠っている
Me :心の奥に?
Me2:真実は生きてるときには見えない
   :そのものが死んだあとに見えるもの
   :真実とは、そのものが生きた証
Me :なるほど、難しい。簡単じゃないじゃん
   :分かった。あなたにとっては簡単なことね
Me2:はい
と、まぁ、今日も自分に問いかけてみました。

勇気とは何?

今日は目が覚めたら、雨の降る音がしていた。
今は、降っていないようだが、また降りそうな気配だ。
今日も自分に問いかけてみます。
勇気について問いかけてみようと思います。
Me :勇気とは何?
Me2:・・・
Me :精神の躍動?
Me2:いいえ
Me :奮い立つ魂?
Me2:いいえ
Me :勇ましい気?
Me2:いいえ
Me :己?
Me2:いいえ
Me :じゃあ、なんだろう?
Me2:人を思いやる心
   :本当の勇気とは
   :自分だけではなりたたない
   :そこに人がいて
   :初めてなりたつもの
   :人が困っているとき、
   :人が悲しそうにしているとき
   :人が迷っているとき、
   :人がふさいでいるとき
   :おせっかいをやくのではなく
   :その人を包み込んであげられる
   :そんな己の優しさを、勇気という
Me :勇ましさとは、優しさなの?
Me2:そう、何事にも向かっていける人は
   :心に大きな優しさを持っている
   :真に勇気を持っているものは
   :同時に真の優しさをもっている
Me :辞書には書いていないね
Me2:言葉は心で感じるもの
と、まぁ、
今日も自分に問いかけてみました。

自分を持つということはどういうこと?

今日も外は晴れている。
外出する予定は今のところない。
今日も自分に問いかけてみました。
ふと思ったから問いかけてみました。
Me :自分を持つってどういうこと?
Me2:己を知るということ
Me :己はどうやって知るの?
Me2:自分の感情の動きを知るのが第一
Me :感情を知る?
Me2:自分の感情の動きを知ると、
   :自分という人間が見えてくる
Me :どういう風に見えてくるの?
Me2:楽しいとき、悲しいとき、
   :うれしいとき、つらいとき
   :頑張っているとき、
   :だらけているとき
   :やりたいようにやってるとき、
   :我慢しているとき
   :あせっているとき、
   :ゆとりのあるときなど
   :自分の考えが見えてくる
   :考えが見えてきたとき、
   :それを分析してみれば
   :自分を知ることができる
   :どういう風に見えてくるかは
   :己の気持ちのもちよう次第
Me :なるほど
と、まぁ、今日も
自分に問いかけてみました。

今読んでいる本っていい本?

今日は晴れている。
しかし、外には出ていない。
窓の向こうには青空と日の光が見える。
今日は、今読んでいる本について
自分に聞いてみる。
Me :今読んでいるデザインの
   :本っていい本?
Me2:はい
Me :この本を読んでわたしは変わる?
Me2:はい
   :デザインの基礎を知る
Me :今更って感じだけど遅くはない?
Me2:遅くはない
   :やり始めたときが始まり
   :早いも遅いもない
   :いつでもそれはいい
Me :今だから出来るってことも
   :あるでしょ?
Me2:はい
Me :それは、もっと年を
   :とってからやるのと違いはある?
Me2:ある
Me :どんな違い?
Me2:年齢の違いだけ。あとは同じ
Me :本当に年齢の違いだけ?
Me2:はい
Me :じゃあ、今やらなくてもいいんだ
Me2:次の仕事をデザイン関係の
   :仕事にするのであれば、
   :今やるべき
Me :そうか、次の仕事に
   :違いがでるんだね
Me2:はい
Me :年齢だけではなく、仕事の
   :違いもあったんだね
Me2:はい
   :デザインの仕事は、年齢に
   :関係なくいつでもできる
   :次の仕事、
   :と決めるのであれば、
   :仕事にも関係してくる
   :だから今やるべき
Me :なんとなく分かった
Me2:それでいい
と、まぁ、今日も
自分に問いかけてみました。
Balance in Design 美しくみせるデザインの原則

自分の道は?

今日もアルバイトに行きました。
そろそろ、定職に就きたいと思う、今日このごろです。
今日は第1回目。自分に問いかけてみます。
今日は自分の道について聞いてみます。
Me :わたしの行く道は、
   :ちゃんとあるの?
Me2:はい
Me :それはどんな道?
Me2:・・・
Me :苦しい道?
Me2:いいえ
Me :楽な道?
Me2:いいえ
   :普通の人間が経験する道
   :今やっていることを続ければいい
Me :今度、わたしはデザインの付く
   :職業に就くのだよね
Me2:はい
Me :沢山勉強しなければいけないの?
Me2:いいえ
   :今から6ヶ月、今やっていることを
   :続けなさい
   :そうすれば道は開けます
と、まぁ、
自分に問いかけてみました。
次の職業はデザイン関係の職場みたいですね。
気楽に行きましょう。