カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ


«  | (始期)一 [2013.01.09Update] |  »

始期 一(6)

小説「主【NUSHI】」
諸麗真澄

ラウルは片手を前に突き出した
するとラウルの周りの光が腕の周りに集まり回り始めた
何かを叩いている二人は相変わらず何かを叩いている
(あの二人気づかないのだろうか?)
俺は思った
何かがラウルの手のひらで光ったかと思うといくすじもの閃光が
光の縄となって叩いている二人たちをぐるぐるに縛り付けた
徐々に光の縄が締め付けていっている感じである
すると叩いている二人が消し飛んだ
(!?)
俺はびっくりした
「あの叩いてるものたちは人間ではないのよ、呪術よ」
アシカは言う
「面倒なのは魔法に叩かれているもの、ラースよ」
「ラース?」
俺は聞いたことのない言葉に戸惑った
呪術を消し飛ばした光の縄がいきなり広がったかと思うと
一瞬にして消滅した
そして何かがムクッと立ち上がった
(こ、こどもか!?)
俺は目を疑った
その子供から何かが湧き出てきている
そしてラウルに飛び掛った
それを見たラウルは手を上に突き出し
手からは何枚もの紙が出てきて飛び掛ってきたものに巻きついた
「封印紙よ」
アシカの手は祈るように握られている
封印紙は飛び掛ってきたものを吸い込むようにして小さな玉のようになって地面に落ちた
立ち上がった子供はよたよたしてから倒れた
アシカが子供に走りよった
俺もあとに続いた
アシカは座り込んで子供を抱きかかえている
「この子のラースにのりうつったのですね」
ラウルがそばにきて言った
「はい、主に子供のラースにのりうつりやすいです」
「ラースって何?」
俺がそう言うと
二人が目を丸くして俺のほうを見た
「なにってオルカ、あたしたちの活動の源でしょ?」
「あ、ああ、そうだった」
俺はこのとき良く分からなかったがとても重要なことだったのである
「ぼうやーー!!」
母親なのだろうか駆けつけてきた
「この子のお母さんですか?もう大丈夫ですよ」
アシカは優しげに言った
「有難うございます!昨日とり憑かれてからすぐに呪術をかけてもらったのです」
母親が泣きながら言った
「賢明な選択でした」
「ほうっておいたら永久に追い払えないし周りに広がるだけですからね」
ラウルが答えた
泣いている母親はアシカの腕からそっと子供を抱きかかえた
「ぼうや、ごめんなさい、こうするしかなかったのよ」
アシカは悲しそうな顔で目を閉じている子供に言った
母親は去っていった
「3日は目を覚まさないでしょうね」
ラウルが言うと
「ええ」
と言ってアシカはゆっくりと立ち上がった
「家に帰るわよオルカ、ラウルさんもいらしてくださいね」
「わかりました」
俺は去っていった母親のほうを少し見ていた
そして家に向かう二人に小走りで寄っていった

«  | (始期)一 [2013.01.09Update] |  »

Topics: (始期)一 [2013.01.09Update] | No Comments »