カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ


«  | (始期)一 [2013.01.09Update] |  »

始期 一(8)

小説「主【NUSHI】」
諸麗真澄

(あー、頭がくらくらする)
一晩中興奮して硬直していた
それに苦しかった
アシカとラウルはテーブルの椅子に座って何かを話している
俺はボーっと部屋を見ていた
(小さな家だな・・・二人で住むのにはちょっと狭いな)
そんなことを思っていた
「オルカ」
(なんだか頭がくらくらする)
「オルカ!」
アシカの顔が目の前に現れた
「うわぁ!」
俺はびっくりして仰け反った
心臓がドキドキしている
さっきまでのことだがもちろん頭から離れない
「いや、なんにもしないって!してないから!」
俺は自分で何を言っているのか分からなくなった
「あんた大丈夫?頭打っておかしくなったわね」
アシカの顔を見られない
「あたしはラウルさんとちょっと出かけてくるから家で待っていてね」
そう言うと二人とも出て行った
(ふぅー、行ったか)
俺は冷静になろうとした
胸がドキドキしている
「落ち着けー」
バッ
と椅子から立ち上がった
家の中を少しウロウロし始めた
(うーん、落ち着かない)
ふとさっき座っていた椅子のそばの机に目がいった
机の上にはペンらしきものが置いてある
なにげに椅子を移動して机の前に置き座った
ペンを手に持った
(紙・・・)
机の引き出しを開けた
中には一冊のノートが入っている
(お、一枚もらおうかな・・・自分の家だしな)
引き出しからノートを出してみた
するとノートに題名が浮かび上がった
ちょっとびっくりした
「オ・ル・カ・の・日・記」
(!?)
俺は一瞬手に力が入った
(オルカってどういうやつなんだ)
恐る恐るページを開いた
「やあー!わたしのわたし!」
いきなり光る何かが飛び出してきた
「今日は何をしたのかな?」
ピカピカ光ったペンの形をしたものが話しかけている
俺は呆気にとられた
「なんか鼓動が速いぞ、怪しいぞ」
光るペンに言われると
頭の中にさっきまでのことがまた浮かんできた
「な、なんでもない!アシカの胸がプニュプニュしていたとか思っていない!」
言った俺はなぜだか焦った
「いやや、他も触りたいとかぜんぜん思っていない!思っていない!」
顔が赤くなった
「はは~ん、そうかそうか、わたしのわたし、たしかに記録した」
(?・・・記録)
「なんだ記録って!?」
俺はさっきより焦っていた
「記録とは、わたしの記録、わたしのわたし」
とっさに俺はページを破ろうとしていた
「く、くそー!破れないっ」
「おーっと、わたしのわたし、わたしの記録を破ることは出来ないよ」
「なんだと!」
やけくそになって床に叩きつけた
ノートは開いたままだ
(どうなっているんだ)
光るペンはノートの上に行きそして言った
「ペンを持っている限り記録し続けるよ」
(ぺ、ペン?)
俺は手に持っているペンを慌てて投げた
ペンは壁に当たって床に落ちた
するとノートは閉じ
光るペンは消えた
(なんなんだこのノートは)
冷や汗を俺はぬぐった

«  | (始期)一 [2013.01.09Update] |  »

Topics: (始期)一 [2013.01.09Update] | No Comments »