カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ


 | (始期)一 [2013.01.09Update] |  »

始期 一(1)

小説「主【NUSHI】」
始期
諸麗真澄

2013年1月―

年が明けた
マヤ暦の終わりで世界が滅ぶこともなく平穏無事に年が明けた
日は天に昇っている
いい天気だ
寒さもほどほどといった感じの冬である
なぜだか俺は虚ろな自分から抜け出せない
何をやったらいいのか分からない
出来ることはあるはずなのに何もやらない
ベットに横になっている俺は
さっきカーテンを開けて見た外の景色をぼんやりと思い返していた
『何をしているのですか』
(?・・・誰だ!)
『誰って私ですよ』
(俺の頭の中にいるおまえは誰だ)
『さて、はじめるとしましょうか』
(はじめるって何をだ)
『物語です・・・おまえの』
すると突然黒い闇が俺を飲み込み
ベットにいた俺は吸い込まれるようにして意識を失った

―1999年12月―

(・・・!?)
「ここは・・・」
ベットから上半身を起こした
見え覚えのある部屋である
(俺の部屋だ)
あのときの俺の部屋
そこは俺がマンションで一人暮らしをする前に住んでいた実家の
リホームする前の俺の部屋だった
足元のほうにある小さい窓に行きカーテンを開けて外を見た
一瞬言葉を失った
そこにはまばゆい光で包まれた見慣れない景色が広がっていた
「どこだここは」
俺はパチパチと目を瞬かせて首を振った
(死んだのか・・・)
死後の世界かと思ったそのときだった
「いいえ、死んでいませんよ」
突然後ろから声が聞こえた
とっさに振り向き声の方向を見ると
金色の長い髪をした背丈は俺と同じくらいだろうか
白い衣に身を包んだ
すらっとした少し背の高い容姿の美しい人がいた
もちろん見たことはない
「誰だおまえ、なぜ俺の部屋にいる」
容姿の美しい人は微笑んだ
「私はおまえ、おまえの一部です」
「はぁ?」
俺はこの美しい人が何をいっているのか良く分からずに
間抜けな声を出した
美しい人は微笑み言った
「さあ、行きますよ」
そう言うと美しい人は俺の手を握りグイッと引き
ベットから俺を降ろした
立ち上がった俺はキョトンとしていた
美しい人は微笑みながら俺の手を握ったままでいる
握っている感触はあるのだけど手の温度を感じない
暖かいわけでもなく冷たいわけでもない
「あのさ、どこに行くのかな・・・」
俺はどうしたらいいのか分からなくて
美しい人から目をそむけた
「目をそむけないで・・・私はおまえ」
そう言うと俺の手を握ったままくるりと向きをかえ
部屋のドアのほうへ歩き出した
俺も引かれるようにして歩き出した
そして美しい人はドアを開けた

 | (始期)一 [2013.01.09Update] |  »

Topics: (始期)一 [2013.01.09Update] | No Comments »