始期 二(4)

小説「主【NUSHI】」
諸麗真澄

2013年1月―

年が明けた
マヤ暦の終わりで世界が滅ぶこともなく平穏無事に年が明けた
日は天に昇っている
いい天気だ
寒さもほどほどといった感じの冬である
なぜだか俺は虚ろな自分から抜け出せない
何をやったらいいのか分からない
出来ることはあるはずなのに何もやらない
ベットに横になっている俺は
さっきカーテンを開けて見た外の景色をぼんやりと思い返していた
『何をしているのですか』
(?・・・誰だ!)
『誰って私ですよ』
(俺の頭の中にいるおまえは誰だ)
『さて、はじめるとしましょうか』
(はじめるって何をだ)
『物語です・・・おまえの』
(!!!!!)
(同じだ!)
突然黒い闇が俺を飲み込もうとしたが
黒い闇が徐々に消えていった
『成長しましたね』
『ではこの続きに進みましょうか』
「先が見たい」
『では、引き続き、デザインを描きます』
「それか」
『そうです、あなたが行きつく先はデザイン』
「前にも聞いたような気がする」
『ボールペンを買って来ましょうか』
「覚えがある」
おれは、ベットから起き上がり、
服を着替え、財布をズボンのポケットに入れた
アパートの階段から降りると
原付がある
俺の原付
原付に乗ると
原付を走らせ
書店に向かった
「あのボールペンかな」
書店に入り、文具売り場で
ボールペンを探した
「こ、これだ」
ボールペンを持ち
レジに向かった
レジには女性の店員の方がいる
眼があった
「どうぞ、こちらへ」
「157円です」
女性の店員の方がレジ打ち後に
金額が聞こえた
俺は、財布を出そうとした
(あれ、財布がない)
(えー、、こんなんかぁ)
女性の店員の方が怪訝そうな顔をしている
「あ、ちょっと待ってください」
「財布を車に忘れてきました」
(原付なのに、・・・)
「はい、かしこまりました」
慌てて俺は、店を出た
原付まで行くと、
「え・・・」
原付の上に
「157円が置いてある」
(よく分からない世界に迷い込んだか)
『そのお金で1本、ボールペンを買ってください』
(ん?このお金は)
『そのお金は、天からの贈り物です』
『大切にボールペン1本と交換して下さい』
「財布がないのだけど」
(まぁ、いいか)
原付のシートの上の157円を持って
また、店に入り
さっきの女性の店員のレジの所までやってきた
「いらっしゃいませ」
「あ、さっきのボールペン買います」
「ありがとうございます、157円です」
手に持っている157円を渡して
ボールペンを1本買った
(ふぅー、この先どうなるのだろう)
『さあ、家に帰って、絵を描きます』
(帰るか)
原付を走らせ、アパートに戻ってきた
階段を上がり、部屋に入って
コピー用紙の紙を一枚とり、
机の椅子に座り
ボールペンを走らせた
なめらかに、ペンが走り、
見る見る絵が描けていく
いつもの自動書記だ
(う、腕がちょっと痛い)
(こ、ここからか)
ちょっと、気が散りながら
絵を描いた
「出来た」
「さてと、スキャナーで取り込むか」
PCの電源を付けて
ソフトを立ち上げ
スキャナーにコピー用紙を挟んで
スキャンを始めた
「ウィー――――ン」
ふぅー、いちいちだな
ソフトで加工して
線画だけの状態で
もう一つ、ソフトを立ち上げ
色を塗り始めた
色は感覚で塗っていく
(いつもの、色感覚だ)
「出来た」
「さてと、これを、ネットに上げると」
自分の絵のサイトにアップロード
「ふぅー、出来た」
「寝るかな」
『仕事はどうしたのですか』
「え?」
「ちょっと休憩」
それから、仕事に出かけた
そんな今日の俺の一日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA