十六「昨日までの気持ち」

私の考えです。
今日は、六十項目の
十六「昨日までの気持ち」です。
今日は何をしましょう。明日は何をしましょう。やりたいこととか
ありますか。頭の中には何かよぎるものがあるかもしれませんね。
欲しい物とかありますか。叶えたいことはありますか。成し遂げたい
ことはありますか。
生きるということは何かをしながら進んでいくということです。
目標の決まっているもの、目標の見えないもの、色々なことがあり、
様々だと思います。
たとえば、ピアノコンクールに向けてピアノの猛練習をする。日々
ピアノと向き合い、ピアノに語りかけることもあるでしょう。
思いえがくことを達成するには、自分の今持っている何かを捨てな
ければなりません。すべてを保ちながら新たなものを手にする
ことは難しいのです。
オールマイティーな人というのはいますが、最初からすべてを保持
しながら進むことはできません。
何かに本当に真剣に取り組むということは、何かを捨てる必要が
あるのです。その繰り返しで色々なことができるようになっていくの
です。
ピアノコンクールには目標が定まっていますが、たとえば、主婦は
どうでしょう。何に向かって進んでいるのでしょう。毎日が同じ
ことの繰り返しで一見目標が見えないように思えます。しかし、
人は同じことの繰り返しで耐性というものを身につけ、そして、
成長します。会社での日々の繰り返し作業でも同じことが言えます。
見えない中でも人は何かを得られます。
捨てるものっていったい何なのでしょうね。それは、気持ちです。
人は日々自分の気持ちで動きます。その気持ちとは一定ではありま
せん。ですから、気持ちは常に入れ替わります。ピアノに対する気持ち、
家事への気持ち、仕事への気持ちも一定ではありません。
捨てるものとは、昨日までの気持ちであり、得るものとは、今日からの
気持ちなのです。人は常に自分との気持ちのやりとりで進んでいくのです。

十五「感じることと考えること」

私の考えです。
今日は、六十項目の
十五「感じることと考えること」です。
今朝、目が覚めて何を想いましたか。眠っていたときに見た夢のことを想い
ましたか。それとも今悩んでいることを想い返しましたか。今日することを
想いましたか。
想うこと、それは、人が生きている証拠です。何も想わないことは、人には
出来ないのです。
日々何かがあり、そこで人は何かを考えます。何も考えないで日々を過ごす人間は、
人間を放棄したものかもしれません。
五感があり、そこから何かが伝わってくることで人は何かを感じ考えます。五感の
全てが使えない人間はとても苦しむでしょう。人として生きていくのはとても困難な
ことかもしれません。感じるということは五感のどれかが使えるということ。
考えるということは、生きているということ。
人は、世界の中で生きていき、世界の中で死を迎え、そして世界の中に魂が帰り、
また新しい命に魂が宿ります。輪廻転生を繰り返し、遺伝子が成長していきます。
遺伝子が成長するために必要なことが五感を働かせ感じて、感じたことに対して
考えることです。
世界は人が成長するためにあるのです。人が成長するとは、遺伝子が成長することで
あり、魂が成長することではないのです。あなたがたの想いが次の世代の人へと受け
継がれていくのです。

十四「治まらない地」

私の考えです。
今日は、六十項目の
十四「治まらない地」です。
何を治めようとしていると思いますか。この世界はどうやってなりたっていますか。
誰かが治めていて平和に動いていると思いますか。明日何が起こるか分かりますか。
突如災害などが起きると思いますか。答えはとてもシンプルです。
起こることは起きて、起きないことは起きない。そして、この世界は動いていく。
動いていくとはどういうことだと思いますか。常に変動していくということです。
では、治まっているのでしょうか。一見誰かが治めているように見えますが、
この世界はとても不安定なものです。今はマスコミなどが主導になって世界を
動かしています。誰かが言ったことがきっかけで世の中が変動し、多くの人たちが
その動きに動かされます。影響力のあるのは国家の元首などです。
では一般の人はどうなのでしょうか。一見影響力が小さいようにも見えますが、
一番影響力を持っているのは実は一般の人なのです。ですから、マスコミは大衆、
大勢の一般の人たちを同時に動かそうとします。
人は一人一人が神であり、一般の人と呼ばれている多くの神の力が、世の中を
動かす原動力になっています。
治まらない地とは、多くの神を常に動かさなければならない世界、この地球の
ことなのです。もし地球が治まるときが来るのであれば、それは地球が動かなく
なるときかもしれませんね。

十三「夢とも思えない現実」

私の考えです。
今日は、六十項目の
十三「夢とも思えない現実」です。
今日ここで私が何を述べるか分かる人は何人いるのでしょうか。おそらく
ほとんどの人が分からないでしょう。私がここで述べたことが世の中に
どう影響を与えていくか、それを察する人は何人いるのでしょうか。
おそらく直観力の優れている人でなければ、察することはできないでしょう。
では、私の考えを述べることにします。私と同じ魂、百ほどの魂の存在は、
この地球を動かす大本になっています。このブログでは原則、世の中には
関与しないと書いていましたが、原則とは、原則でもないこともありえると
いうことです。
原則でないとはどういうことだと思いますか。それは、人の魂に百ほどの
魂の大本をあらかじめ眠らせておくことなのです。その人間は覚醒しないと
本来の力を発揮することはできないのです。
では、どうやって覚醒するのか、きっかけは色々ありますが、今の答えは
簡単です。今、この時期は原則に当てはまっていません。それは、創造主が
このものの体にいるからです。このものと手を繋ぐことによって百ほどの魂を
眠らせた人間は覚醒していきます。このものがこれから会っていく魂たちです。
そのものたちとの意思の融合を果たすことによって、世界は変わっていきます。
これから起きていくことは、寝ているときに見る夢や、理想とする夢とは、
存分にかけ離れた世界の現実となっていくものかもしれません。
十年経った後の世界であなたがたは何を見るのでしょうかね。

晁真会(あさざねかい)

晁真会(あさざねかい)
____________________________
なむあしんりっけんしょうてんげきょう
南 無 阿 慎 律 謙 承 典 気 経
『慎みを持ち自身を律し互いに譲りあい掟を受け継ぐ気の経』
かいげきょう
戒 気 経
____________________________
開祖  那戓晁真(なかあさざね)
法子(一番弟子) リン・シンユウ
二番弟子
三番弟子
四番弟子
五番弟子
六番弟子
七番弟子

お題は「なんでもいい」

まだ入院中ですが、ネカフェにて更新で
自分に問いかけてみました。
今日は、笑うことについてです。
お題は「なんでもいい」です。
もう一人の自分の話を聞いてみましょうか。
Me :では、今日もよろしくです
Me2:なにをですか?
Me :笑うことです
Me2:なににしましょうかねぇ
Me :なんでもいいですよ
Me2:では、なんでもいいにしてみましょうか
Me :なんでもいい;ですか
   :おねがいします
Me2:あれはいつでしたかねぇ
   :とても寒かった日のことでした
Me :ふむ
Me2:一人の男性が外を歩いていました
   :なぜか男性は生まれたままの格好でした
Me :いや;裸ってありえないでしょ
Me2:男性はボーっとしていました
   :すぐ先には崖があります
Me :え;ちょ;なんの話ですか
Me2:男性は崖に向かって歩き出しました
Me :もしかして、この展開は無茶苦茶だけど・・・
Me2:男性は崖のぎりぎりのところで止まり
   :崖から海を見下ろし
   :そして叫んだのでした
   :なんでもいいから服をくれーー!てね
Me :なんの話なのですか;
Me2:ですから、なんでもいいという話です
Me :では、最後に一言どうぞ
Me2:頭を使って考えましょうか
Me :ありがとうございました
と、まぁ、今日も自分に問いかけてみました。

お題は「ひっぱる」

まだ入院中ですが、外出フリーになって時間が出来たので
自分に問いかけてみました。
今日は、笑うことについてです。
お題は「ひっぱる」です。
もう一人の自分の話を聞いてみましょうか。
Me :では、久々によろしくです
Me2:そうですねぇ
   :何を話しましょうか
Me :いえ;笑うことについてです
Me2:笑うことですかぁ
   :笑える話ありますか
Me :いえ;あなたが話すのです
Me2:そんな気分でもないですからねぇ
Me :じゃあ、やめておきますか
Me2:やめないですよ
Me :どっちなのですか
Me2:ですからやめないですよ
Me :どこまでひっぱるのですか
Me2:ひっぱるですかぁ
   :ひっぱるについて話しましょうか
Me :お願いします
Me2:あるときあるところである人たちが
   :大きな岩を動かそうとしていました
Me :大きな岩?
Me2:その岩は、ある人たちにとってとても
   :厄介なものだったのです
Me :どう厄介なのだろう
Me2:ですから動かそうとしたのです
Me :だからどう厄介なのですか
Me2:押すか引くか砕くか落とすか皆で話し合いました
Me :厄介な話ははぶくのですね;
Me2:その話は5年間話し合われました
Me :ながすぎ;
Me2:おしまい
Me :ぶ、なんの話なのですか
Me2:ですから話をひっぱる話です
Me :では、最後に一言どうぞ
Me2:ひっぱれどもひっぱれぬ
   :だからひいてみる
   :すると何かが見えてきます
Me :ありがとうございました
と、まぁ、今日も自分に問いかけてみました。

ただいま入院中

今日は、ほんの少し。
ただいま、入院中です。
退院したら、またブログ書き始めますよ!
まぁ、見ている人は少ないと思いますけどね(笑)
これから、やることが増えそうな予感のわたしでした。