「時の扉の音」

Me :ちゃんと進めるかな
   :迷いはしないけど
   :自信はない
Me2:自信なんかはなくていいのです
   :自分を信じると自信は違います
   :自分を信じるとは、己を知るということです
   :自信とは、己を過信するということです
   :おまえは己を知らなければなりません
   :ですから、自分を信じることが必要なのです
   :おまえは人を信じないです
   :信用という言葉が嫌いで
   :信頼という言葉なら少し納得がいく
   :己を知ると己を過信するという言葉に似た
   :違いがあります
   :おまえの選ぶ言葉はいいものが多いです
   :今の人が忘れている何かを
   :よみがえらせる力があるのかもしれません
   :己を知ることによって導き開かれる
   :時の扉の音が聞こえます

「前に進むことを考えてください」

Me :なんか大丈夫なのかなって思います
   :このまま進んでです
   :新しい仕事の話が進んでいるけど
   :今の仕事のこととか
   :本当にこれでいいのかなって思います
Me2:大丈夫です
   :進んでください
   :迷うことはないです
   :ここで迷うことは道からそれることを意味します
   :おまえが今の仕事に残る必要性はゼロです
   :前に進むことを考えてください
   :もしおまえがここで迷えば
   :世界が迷います
   :おまえ自身を信じて進むことです
   :今までおまえが積み重ねてきたものは伊達じゃないです
   :おまえの精神おまえの体力おまえの気力
   :すべてが前を向いています
   :迷うことなく進んでください
   :道は開けます

デザイン名は「あなたのデザイン20140419」

今日は、中の中デザインをアップしました。
あなたのデザイン20140419
画像をクリックするとGalleryに移ります
Me :あなたのデザインだって
   :わたしは感じれます
   :あなたが何を思い
   :このデザインを描かれたかは
   :分かりませんが
   :あなたの思いが込められたデザインに
   :見えます
   :最初のころ描かれていたデザインに
   :見られた特徴があります
   :あなたなのですか?
Me2:そうですね
   :私です
   :私の個性です
   :おまえの中にいる私という一つの個性が
   :描いた絵です
   :たまに描かせてもらえるとうれしいです
   :ふだんはおまえのデザインでいいですよ
   :おまえの感性はいいものがあります
   :私の個性は、おそらく人は理解できないです
   :おまえの個性のほうが人は、まだついてこれるのかも
   :しれないです
Me :あなたのやさしさですか?
Me2:おまえが主ですからね
   :おまえを導く役目の私は影の役で十分です
次もデザインします。

「家族に感謝してもしきれないほどの恩を受けています」

Me :ちょっと考えてみる
   :きちんと考えてみる
   :仕事のこと
   :わたしはやっぱりデザインの仕事がしたい
   :でも、家族に援助してもらって
   :今はやっていけている
   :今、わたしがデザインの仕事をやりたいからといって
   :また何も考えずに仕事をやめてしまい
   :焦って探して、結局、デザインの仕事じゃない仕事に就く
   :なんだか、その繰返しをしている感じがする
   :家族に迷惑がかからないように
   :きちんと考えて、ここは慎重に決めていかないといけないなと思う
   :今の仕事をやめるにしても、きちんと仕事が決まってからやめるを
   :選択しなければならない
   :わたしが何も考えずに仕事をやめて困るのは
   :わたしの家族だ
   :そのことをきちんと理解して動こうと思う
Me2:そうですね
   :その考えがまっとうであり正しい答えです
   :おまえを支えてくれているのは
   :おまえの家族です
   :おまえは家族に感謝してもしきれないほどの恩を受けています
   :そのことを忘れてはいけません

デザイン名は「無理に変わる必要はない」

今日は、中の中デザインをアップしました。
無理に変わる必要はない
画像をクリックするとGalleryに移ります
2014041102
画像をクリックするとGalleryに移ります
2014041103
画像をクリックするとGalleryに移ります
Me :昨日は仕事の後片付けをしている最中
   :ずっとテレビがついていて
   :冷徹な目で凝視した
   :やはり、テレビに映っている出演者は
   :自分の感情からではない笑いを出していた
   :冷徹なわたしの目が出演者を凝視した
   :テレビはやっぱり嫌いだ
   :一度嫌いになったものは好きになることは
   :まずない
   :今日になっても気分が悪く
   :写真を撮りに行く気になれなかったけど
   :やっぱり撮りに行こうと
   :車に乗っていつもの公園へ向かった
   :車から見える桜の木には黄緑色の葉が見えていた
   :結局、満開のときには写真を撮りにいかなかったなと
   :駐車場に車を止めて外に出た
   :春の心地よい風が吹いていて
   :日の光も心地よく
   :いつものベンチに座った
   :ベンチから見える一本の木の若々しい黄緑の葉が
   :わたしにはとても奇麗に見えた
   :バインダーに挟んだA4の紙にデザインを描いた
   :描かれる線は荒々しく
   :わたしの心を描き出している感じがした
   :立ち上がり、川のほうへいってみた
   :桜が流れていた
   :道のほうを見ると
   :桜がいい感じに風に舞いながら散っていた
   :車に戻り
   :2枚デザインを連続で描き家に戻った
Me2:おまえですね
   :おまえである証拠です
   :ほかの誰でもないおまえがそこにいます
   :それでいいのです
   :何も無理に変わる必要はないです
   :おまえらしくおまえの道を進むことが大切です
picture015
次もデザインします。

「言葉、行い、物」

Me :なんか昨日の夜は眠たくって22時頃に
   :寝てしまいました
   :さっき思い浮かんだ
   :言葉と行いと物について考えたいと思います
   :あなたのいう3つの鍵
   :問いかけと仕事とデザインと繋がるものが
   :あるなって思いました
   :外の世界に出す言葉はとても大切な鍵
   :言葉と共にする行いもとても大切な鍵
   :行いと共に創り出す物もとても大切な鍵
   :3つ鍵が繋がっている感じがします
   :この鍵でわたしはわたしの世界を創り上げる
   :あなたの望みはそれなのですよね?
Me2:そうですね
   :おまえにそれらを経験してもらい
   :おまえ自身の世界を創り上げてもらうことが
   :望みです
   :そうすることで、この世界が変わります
   :世界を変える鍵はおまえが握っています
   :おまえが鍵を見失わなければ世界は
   :良き方向へ変わり続けるでしょうね
   :もしおまえが鍵を見失えば世界が迷います
   :鍵と共に言葉を使い、行い、物を生み出す
   :それが私がおまえに望むことです